火災保険とセットで入っておきたい地震保険

ご自身で購入された住宅には必ず火災保険を契約しているでしょうし、賃貸の場合には建物部分はオーナーが契約しているので、家財道具には自分自身で火災保険をかけておくべきです。部屋からの失火のみならず、延焼という事も考えられるからです。火災は身近に起こりうる問題なので火災保険には目がいきがちです。しかしながら、勘違いされるのが地震による火災です。火災保険には落雷による失火は含まれていますが、いわゆる天変地異の類、地震、噴火、津波を原因とする失火は保険支払いの対象となっていないのです。地震保険に加入していないと、地震や噴火、津波による損壊のみならず、それらによる火災損害の際に保険金が支払われません。また、逆に、火災を除いて地震だけの保険ですと、通常の火災による保険金は支払われません。地震はたまにしかないし、身近に捉えることができず、保険を契約している世帯は多くはありません。阪神淡路大震災や記憶に新しい東日本大震災の影響で、地震の直後には一時的には契約数も増えますが、時間の経過と共に記憶も薄れ契約数が伸びなくなります。日本は地震大国でもあるので、来るべき南海・東南海地震に備えて、双方補いあうことができる火災と地震の保険にはセットで入っておきたいところです。

Comments are closed.