災害に備える火災保険

保険とは、悪い事が起きた場合を想定して加入する物です。当然、火災保険は、建物、つまり「ハコ」に損害が及んだ場合に備えた物です。しかし、家があっても、何も家具が無ければどうでしょう。箸から家具、電化製品にいたるまで、生活する為に必要な全ての「モノ」、これがなくては困ってしまいます。
 住宅ローンを借りる際には、「ハコ」への保険には加入しなければなりません。しかし、「モノ」への保険、つまり「家財保険」に加入した覚えはない、という人がほとんどではないでしょうか。しかし、例えば隣家から出火し、わが家の家具などが延焼被害を受けた場合でも、失火責任法(火事の場合は及ぼした損害への責任は負わなくていい、という法律。)が適用されれば、相手からの賠償は受けられないのですから、やはりこういった場合への備えもしておきたいところです。まずはローンを組む時に加入した保険の約款を見てみましょう。補償内容に「建物・家財が損害を受けた時に・・・」という条文があれば、「モノ」への保険も同時に加入していることになります。しかし、「モノ」の保険については、オプションや特約になっていることがあります。つまり同じ「住宅保険」に加入したからといって「モノ」も対象になっているというわけではありません。これから加入する方はこの点に注意して、既に加入している方は、補償内容をよく確認してみるのがよいでしょう。

Comments are closed.