傷害保険

傷害保険とはケガをしたときに補償してくれる保険です。似たような保険に生命保険や共済などの医療保険がありますが、一番の違いは補償範囲です。簡単にいいますと、病気で入院したときに補償するかしないかの違いです。医療保険はケガだけでなく病気での入院も補償します。
このように説明してしまいますと、メリットがないような印象がありますが、決してそんなことはありません。一番大きなメリットは保険料が安いことです。補償範囲が狭いのですから、当然といえば当然ですが、保険料が安いことは大きな魅力です。
考えようによっては事故に遭遇したしたときの備えと考えるのが適当かもしれません。今の時代は特別に危険な行動をとっていなくても事故に遭遇することは珍しいことではありません。家から一歩出れば危険に晒されているようなものです。そうしたときにこの保険が役に立ちます。
また、この保険の特徴は契約者の仕事の危険度によって保険料が設定されていることです。ですから、職業を変えたときは速やかに連絡をすることが大切です。
保険会社により職業の分け方がことなることもありますが、基本的には2種類に分かれています。ひとつはA級職というもので営業や事務など危険が少ない職業です。あとひとつはB級職というものでいわゆるガテン系といわれる危険度が高い職業です。

Comments are closed.