事故に備える自動車保険

自動車保険には自賠責保険と任意保険という2種類の保険があります。自賠責保険は強制保険といわれるもので、自動車を購入するときには必ず加入する義務があります。仮に、加入していないならそれは法律違反の状態ということになります。
この保険の目的は被害者保護が一番の目的です。ですから、加害者だけでなく被害者も保険金請求をすることができるのが特徴です。また、対人賠償保険しか補償されず、例えば相手の車や壁などに対する補償はありません。さらに賠償額が死亡や後遺障害に対しては3千万円以上の補償がありますが、傷害に対してはわずか120万円と少ないのが欠点です。
これに対して任意保険は無制限の補償がありますし、対人賠償だけでなく対物賠償もあります。テレビなどで宣伝しているのはこちらの保険です。また、賠償だけではなく自分自身のケガなども補償しています。さらに、車両保険もあります。
この保険の特徴は等級制によって保険料が算出されることです。初めて加入する人は6等級からはじまり、1年間無事故だったときに7等級に上がります。等級が上がるに従って割引率が高くなりますので無事故が続く人は年毎に保険料が安くなることになります。
ちなみに、多くの保険会社で20等級が最高になっています。

Comments are closed.